場所と物語

blog

「場所と物語」メンバーがさまざまな場所に出かけて発見したものや感じたことを、できるだけ新鮮なまま、即興的に物語るブログです。

九つの仏さまの足元で逆上がり/下田寛典

渓谷があると聞いた。「奥沢だっけ!?なら奥沢にしよう!」と思い奥沢に決めた。道連れが九品仏に用事があるというから、じゃあ、九品仏から奥沢に向かうピルグリムにしようとなった。 九品仏に到着して気付いた。「渓谷があるのは等々

ひっそりと、姿を潜ませて/林千晶

東横線の多摩川駅から目と鼻の先に、亀甲山古墳(かめのこやま)は突然、現れる。日本が誇る前方後円墳だ。作られたのは4世紀後半で、日本がまだ倭国と呼ばれていた時代のこと。 この時代は、ミステリーに包まれている。中国の歴史書に

2月3日のピルグリム/小松平佳

  伝説の力士 雷電 子ども2人を保育園に預け、ピルグリムがスタート。保育園を出ると、昔タクシーが籠だった時代に、銀を三分割り増しで料金を取られたという三分坂が現れる。普段なら通り過ぎてしまう寺をみるとそこには